KINEMAtograph/Mirror

KINEMAtograph[キネマトグラフ] は移転しました。
ここはミラーサイトとして運営しています。(時々更新します)
恐れ入りますが、http://kinematograph.net/ へブックマークの張り替えをお願い致します。
(記事へのコメント、トラックバックは停止しています。ご意見ご感想はこちらで承ります。)
---------------------------- 2005/05/01 管理人

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< MoMA展(@森美術館) 六本木ヒルズとは何か | main | ドリーマーズ 先生、死ぬのはまだ早い >>

誰も知らない 柳楽優弥クンたちの細部

誰も知らない板橋サティ5Fのワーナーマイカルで鑑賞しました。土曜日、初日ということもあり、映画館は満員です。上半身を露わにした柳楽優弥の愁いを帯びた悩ましい表情。ポスターから声は聞こえてきませんが、身体からにじみ出るあのオーラがカンヌ映画祭主演男優賞の実力に説得力を持たせている、その証の集客でしょう。そして話題作特有の現象も起こります。隣の席に座ったカップルが1時間も経たずして眠りこけてしまいました。上映が終わって「退屈だ、つまらない」と、否定的な感想が聞こえてきます。話題性に乗っかって見に来たものの、思っていたのと違っていたようです。一体この映画に何を求めてきたのでしょうか。また他の客が話しています。「あのあとどうなったんだっけ?」『誰も知らない』は実話を題材にとった映画です。ネタ元のあの兄弟たちのその後、ことの顛末を気にしているようです。「そうではない!」とつい声をあげそうになりました。ストーリーを求めてはいけないのです。

『誰も知らない』は頑なにストーリーを拒みました。「ベランダや外に出ない」「大きな声で騒がない」母親が定めたルールの下で、兄弟はアパートの部屋に閉じこめられたまま、結局母親は帰ってこず、誰かに見咎められて家を追われることもなく、四季が巡ってただじりじりと兄弟を追いつめるだけ。ドラマチックな展開はありません。そこにあるのはポスターに描かれていたような柳楽優弥の身体と、兄弟の身体と、生活の細部が、なるようにして変わっていくだけです。筒井康隆が現代文学についてこのようなことを書いていました。「決して斜め読みしてはならない。一語一語の細部を味わうものだ」(内容はだいたいのものです。原文を参照できませんでした。)私たちは映画館のイスに縛り付けられ、目を皿のようにしてそこに映っている細部を見届けなければならないのです。

  • くつ、ローラースケート:屋外へ。人間は用途によってくつを履き替えることで、どこへでも外出できるようになった。畳の上では履かない約束になっている。
  • モノレール飛行機:市外へ。海外へ。
  • アポロ:チョコレート。ロケットと同じ名前。宇宙へ。
  • カップ麺:カップ麺はただではもらえない。どん兵衛のてんぷらはサクサク。食後、カップ麺の器は植木鉢に使える。
  • おにぎりの包み:期限切れの食品はただでもらえる。覚えている限り、包みの中身、すなわち“エサ”を食べているシーンはない。
  • GOKURI:グレープフルーツジュース。容器が金属でできている。
  • クレヨン:最後に嫌いな色が残る。普通の子ならば使い切る前にお絵かきに飽きる。
  • ぴこぴこサンダル:歩くときに音が鳴るので、こっそり外へ出るときは履かない。また同じ理由から、履いて歩くととても歩いている感じがする。
  • 冷蔵庫:電気が通じてなければゲタ箱と変わらないただの箱だが、それでも食べ物を入れてしまう。個人的な話、私にも経験がある。
  • お金:ものと交換できる。またものをお金と交換することもできる。お金は橋渡しをするが、一度お金に変換されると想いが消えて無くなる。お金は時々母の影を思い出させ、映画の後半ではただ兄弟をそこへ縛るだけのものになっているのではないか。

「モノより思い出」日産セレナのCMを作った是枝監督らしく、ここには書ききれないほどのモノが輝かしい細部をなしています。生活の中で徐々にモノが変化し、そして兄弟たちもまた変化します。身長が伸び、髪の毛が伸び、声変わりします。長い期間に渡って明(柳楽優弥)たちの変化を追った成果が結実していて、私はそうした細部に気がつくたびに身をよじって苦しみ、それでもそこに映っている彼らの力強さに輝かしいものを見ました。

さて柳楽クンはこれからどうなるのでしょう。『誰も知らない』では彼の変化していく身体性こそが素晴らしく、無二であり、言ってみれば是枝監督の前で、ただそこにいるだけで存在感を出すことができました。個人的には織田裕二に似ているのではないかと思っているのですが、どうなんでしょう。何はともあれ楽しみなことです。

[2004日本/シネカノン][監督][製作][脚本]是枝裕和[撮影]山崎裕[音楽]ゴンチチ[出演]柳楽優弥/北浦愛/木村飛影/清水萌々子/韓英恵/YOU/加瀬亮

誰も知らない 公式ホームページ
[amazon][DVD] 誰も知らない

Kinema | permalink | comments(5) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

わたしは池袋のHUMAXで「誰も知らない」をみました。映画というより日常そのもののような気がして「近所にありそうな風景」もでてきて、引きつけられました。柳楽くんの目が凄く印象に残っているのは私だけじゃないと思うのですが、柳楽君には何かすごいものを秘めているような気がしました。
りえ | 2004/09/25 10:11 AM
柳楽クンは既に様々なメディアから引っ張りだこだそうですね。ビジネス界はいち早く「金になる」と判断したようです。変に振り回されて自分のペースを失わないで欲しいと願うと同時に、バリバリ頑張って欲しいとも思うのですが、どちらにしても余計なお世話か・・・。
今回は薄汚い服装に身をやつしておられましたが、きっと彼の眼力ならば、立派な和服でもこじゃれた洋服でもいけそうですね。
マサキ杏平 | 2004/09/25 11:33 AM
 この記事が書かれてから半年以上経っているのにコメントを書くなんてヘンな感じですが…
私は有楽町の試写会が当たって、是枝監督ご本人と「誰も知らない」を観ました。

 一緒に行った人は「エンターテイメント性が感じられない」と言ってつまらなそうにしていたし、
会場を出る時に後ろにいた人たちも記事の方たち同様に「あのあとどうなったんだっけ?」的なことを言っていました。

 でも、私の心の中で上記の意見を聞いて
「?」
という、理由は分からないけれどしっくりこないというか、
それらの意見に対する「違和感」が残ったのを覚えています。

 この記事を読んで、その違和感がなぜ生じたのかが何となく見えてきたような気がしました。
yuka | 2005/03/28 1:47 AM
コメントありがとうございます。
こちらに拙記事と真反対の切り口でとても興味深い(梅本氏をつかまえて「興味深い」というのも横柄な話ですが)記事が載っていますのでご参考に。

http://www.nobodymag.com/journal/archives/2004/0930_0659.php

エンターテイメント性というのが何を指すのか、難しいところですが、私はこの映画にエンターテイメント性が欠落しているとは思いませんでした。むしろもっともっと人を突き放して撮ってもいい題材だとすら思え、梅本氏が指摘するところの、是枝裕和が執着する「審美性」という言葉を重ね合わせて納得してしまう点があるのも確かです。

『エレファント』を見たときも思ったのですが、ガス・ヴァン・サントも是枝裕和も同じく、そのあたりの「バランス」を取ろうとするところがあって、決して徹底的な作風でもない。そういうバランス感覚が観客のそれとマッチするかどうか、その点でこれらの映画は見る人を選ぶのだろうなあと、半年経って思うこの頃です。
マサキ>yukaさん | 2005/03/28 4:23 PM
昨日、近くのスーパーでこの映画のテーマソングが流れていて、なんだかすごくリアルタイムな感じがしました。

梅本さんの記事、読んでいて、ついつい目を背けたくなるような、でも意を決して真っ向からぶつかっていかないといけないような、そんな気持ちにかられました。

私はエレファントを観たことはありませんし、是枝監督の作品も誰も知らないで初めて観ましたが、マサキさんのおっしゃるように確かに観る人を選ぶ作品なのかもしれませんね。私が今まで接してきた観終わった時に空虚な気持ちになる作品って、比較的見る人を選ぶものが多いような気がします。映画でなはいですが、山田詠美の「晩年の子ども」という本を読み終わった時の感じに何となく似ていた印象を受けました。
yuka | 2005/03/30 2:29 PM